有機肥料の作り方

有機肥料はどうやって入手するの?

有機野菜は有機宅配などで手軽に買えるようになってきましたが、自分で作ってみようと思う人も増えてきました。 当然のことですが、有機栽培をするには有機肥料が必要です。 プロの農家でしたら方法を知っているのでしょうけど、素人が家庭で趣味でやろうとした時には、一体どうしたらいいのか迷うと思います。 結論からいいますと、市販肥料を買っても、また、自分で作ることもできます。

肥料の種類

基礎知識として、肥料には大きく分けて有機肥料と無機肥料があります。 両方を混ぜたものもあります。 どちらも作物には無機化合物として取り込まれます。

有機肥料とは

有機肥料は、有機物によって土の中に生息する微生物に栄養が与えられ、無機肥料よりも土壌に良いと言われています。 ただ肥料だけで農作物を作る訳ではないので、本当に無機肥料より優れているかどうかは明確は判断基準がありません。 逆に、完全に発酵しきっていない有機肥料を使うと、悪臭、ガス発生、害虫発生等の問題が発生することもあります。 完全発酵させることによって、養分が分解されていれば、有害菌が増殖し病害が起こることを防ぐ効果があります。

 

無機肥料との大きな違いは時間をかけて分解されるため、長期間蓄積されるということでしょう。 以前と違って、有機物も作物に吸収されるという研究結果が発表されてから、有機肥料が無機肥料とはちがう効果があるかも知れないと期待されています。

 

肥料には植物性と動物性があります。 植物性でも、燃やして灰にしたものは、jほとんどが無機質化してしまいます。 動物性は魚カスや馬や牛、鶏などの糞が主です。

 

有機肥料の派生として、有機肥料を発酵させて肥効をぼかした「ボカシ肥」というものもあります。

堆肥の作り方

牛糞、鶏糞、豚糞などの他に、魚粉、油粕、骨粉、モミガラ、米ぬかなども原料として利用します。 牛糞は飼育する際に塩分を与えるので、糞にも塩分すくなからず含まれます。 もし気になるようであれば豚フンを選びましょう。

 

牛糞や豚糞を鶏糞と合わせる時には下記の割合でおこなうと栄養バランスや分解速度が早くなります。

 

牛フン : 鶏フン  8 : 3

 

または

 

豚フン : 鶏フン  8 : 2

 

これらの材料を攪拌して積み上げます。 グリーンタイキを水で200倍に希釈したものを散布します。 グリーンタイキは土と植物に活力を与え、発根を促す土壌改良資材で、作物を甘く美味しくしてくれると人気が高いものです。 その後時間を置けば材料が黒く変色してアンモニア臭が消えていきます。
アンモニア臭が消えたら、米ぬかなどを加えるともっといいでしょう。

 

できたらビニールをかぶせて1週間ほど寝かせます。 一度温度が上昇し、また下がってきますので、そうしたらまた混ぜあわせます。 湿り気があっても温度が上昇しなくなったら完成です。 乾燥しすぎると温度が上がりません。 そのままにすると完全にアンモニア臭が抜けていない場合があるので注意が必要です。